清潔感のある容姿に【自分磨きでピカピカに】

脚痩せを実現

太ももは肉がつきやすく落としづらい場所のひとつです。

下半身でどうしても肉がつきやくおとしづらい場所のひとつは太ももです。 お尻から足までのラインで最もメリハリをつけたい場所ですが肉がつきやすいので痩せづらくボディラインのキープが難しい場所でもあるのです。 太ももが痩せづらい理由はいくつかあるのですが、秋冬に顕著に出るのが冷えが強く症状として出ます。 太ももは大きな筋肉がある場所なのですが皮下脂肪がつきやすい場所でもあるのです。筋肉ではなく余分な脂肪がついてしまうと循環が悪くなり冷えやすくもなってしまうのです。太ももの筋肉もよく使う筋肉とあまり使わない筋肉があります。 最も良く使うのが前面の筋肉ですが、後ろ側や内側に筋肉は意外と使わないのです。 筋肉は動く事で熱を生み出して引き締まって行くので、使わない筋肉は固くなり動きづらくなるのです。 こうなってしまうとセルライトやむくみもでやすくなってしまい、さらに痩せづらい状態になってしまうのです。 筋肉を活用して引き締めるだけで外見上痩せて見えるというメリットが出てきます。

むくみやこわばりをとってから筋肉を。

太ももを痩せてすっきりとさせるにはまず、むくみやこわばりをとってあげましょう。 太ももそのものの理由もありますが、ふくらはぎからの影響もあるのでむくみやこわばりをとるのはふくらはぎと太ももの両方をケアしましょう。 市販のマッサージジェルやむくみ防止の美容アイテムを活用しても良いでしょう。 太ももの後ろの筋肉は腰の筋肉ともつながっているので、さらに腰やお尻回りもコリはこわばりも取ってあげると同時に効果があがります。 太ももと腰回りを同時にケアする事でボディラインがすっきりとし、足からお尻までのラインのメリハリがつくようになります。 自宅でボディ用マッサージジェルを使っても良いですし、整体やマッサージ系列のお店でのケアも良いでしょう。 その上でストレッチや軽い運動などで継続的に下半身の筋肉を使うようにすると筋肉が引き締まり、熱を生み出すので代謝があがってボディラインが引き締まってゆくのです。 筋肉を動かして、さらに循環を良くする事で下半身のボディラインも良くなりますし、痩せてすっきりした印象を与える事が出来るのです。